LINKS
PROFILE
POWERED BY
    POWERED BY
    ぶろぐん
    SKIN BY
    ゲットネット...¥
OTHERS
  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.089891秒
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
:USER ID
:PASS

# スプリング・ハズ・カム
しましたね。
下荒井兄弟が去った後にw

というわけで、見て参りました。


個人的には、リーダーのいつも書かれる話のように大きな感動!っていう感じではなく。
でも、じんわり暖かい。
山田家の人々ににているかなぁ。それはもうギャグの嵐に翻弄されている隙に、そっと
心の中に感動が不意打ちで入ってくるような。
結末ははっきりと示されてはいないのに、こんなにも後味の良い。
大泉洋という人は、やっぱり天才だわ。

北海道新聞の夕刊に記者の方の書いたレビューが載っていて、
「続編を作れるような作りになっている」というようなことが書いてあったのですが、
見終わってみたら納得。
まぁあんまり良い意味で書いたわけではないようでしたけどw
続き見たいなぁ。大洋どうなったか気になるもの。
メインビジュアルが、下荒井兄弟数年後の、大洋が海外から帰ってきたときの
記念写真説を唱えたいのですが、友人には「大洋更正しすぎw」とつっこまれ。
更正するんだよ!今はなんか龍が如くのキャラみたいだけど!!w

あと、今回安田さんが普通の人役で、大変うれしゅうございましたw

小林製薬の糸ようじ。

たわごと : comments (0) : trackback (x)
コメント
コメントする